深川には下町情緒あふれる場所、時代小説に登場する
名所が沢山あり、江戸へタイムスリップしてしまいそう。 
お不動様と八幡様の縁日は毎月1日、15日、28日です。

お帰りにはどうぞ、タキザワ装飾へお寄りください。


深川不動尊 
初詣と正五九(正月五月九月)28日には欠かさずお参りする人が沢山います
成田山新勝寺の東京別院。護摩を炊く勤行は必見です

富岡八幡宮 
見どころは、日本一大きい「お神輿」、横綱力士碑と伊能忠敬が日本地図作りの
旅へ出発した記念碑。 8月15日のお祭りは江戸三大祭の一つ

8月14日、深川八幡の本祭り、深川っ子が熱く燃えました 
    
このお祭りは別名水かけ祭り、消防隊員も協力して消防ホースで大量の水をかけ
暑い盛りの祭りは門前仲町交差点で最高の盛り上がり。本祭りは3年毎、次は2008年です。


芭蕉記念館
芭蕉がここから奥の細道に旅立ったという庵跡ですから、俳句愛好家は必見

深川江戸資料館
江戸へタイムスリップ。江戸深川佐賀町の一画を再現
堀に浮かぶ「ちょき舟」、路地裏長屋、土蔵など時代劇の世界を体験できます

清澄庭園
昔は紀伊国屋文左衛門屋敷、明治には三菱財閥創業者岩崎弥太郎の別邸跡、
半蔵門線清澄白河駅からすぐの下町のオアシスです

永代橋
忠臣蔵の赤穂浪士47人は討ち入りの後、意気揚々とこの永代橋を渡り、浅野家の
菩提寺、芝の泉岳寺まで引き上げていきました

佃島
「鬼平」の時代は人足寄場、今はもんじゃ焼きと長屋、超高層マンション群

木場
いかだの浮かぶ運河、材木屋の木の香り、、、残念ながら材木屋はほとんど
新木場へ移転。 今の木場の見どころは広い木場公園と東京現代美術館

美味しい店
庶民的なお値段で美味しい店を探せるのも門前仲町ならでは。 居酒屋から
中華、フレンチ、イタリアン、、、食べ歩きましょう